CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
カメラを持って
0

    昨日は、久しぶり電車に揺られ長時間の散歩に

    出かけて来ました。

     

    何か月ぶりでしょう昭和記念公園。

     

    入り口で気が付いた事がありました。

     

    今年から、私の入園料が半額になりました。

     

    「おめでとうございます」

    シルバー料金です。

     

    連休前の平日だったのと、まだ春の花も

    開花の準備中、園内は人もまばら。

     

    風もなく、青空の下をのんびり歩いて来ました。

     

     

    シラサギ、カワウ、カモ、くつろいでいるのか

    それとも、寝ているのでしょうか。

     

     

    青い空の色と、大きな木が水面に映り

    とても美しく、しばらくの間

    ボ〜っと眺めていました。

     

     

    鳥好きなので・・・ずぅぅ〜っと見ていても飽きません。

     

     

    目的の一つはセツブンソウ。

    2018年も同じ場所に、同じように咲いていました。

     

     

    囲いの中の一角、この場所だけは、カメラを持った人が

    取り囲み、混雑!

    何しろ、背の低い小さな小さな花なので

    シートを敷いて、腹ばいになりカメラを構える人、人。

    ・・・

    お邪魔になりそうで、遠慮気味(笑)

     

     

    梅は、ちらほら程度で2週間後は満開かしら

    そんな様子の木々が多かったです。

     

     

     

     

    皆様のポチっとひと押しお待ちしています

    いつもありがとう

    | - | 07:14 | comments(0) | - |
    青空も
    0

      青空も、今日まででしょうか

      明日からの連休は、傘マークの青梅市です。

       

      楽しそうなゴロンゴロンを繰り返す住犬さん達。

       

       

       

       

      いったい、どうなっちゃってるの?

       

       

      坊やの、しつこさに、ちょっと怒るルナおばちゃん。

       

       

       

      今日は、細長ぁ〜いのが飛んでいました。

       

       

      まだ、凍り付いた雪が残る遊び場。

       

       

      わざわざ、咥えて持って来て食べる。

       

      それを、欲しそうに眺める。

      さぞや、美味しそうに見えるのでしょう。

       

       

      こちらでは、塀を試食中。

       

      毎日、何かしら楽しいことを探し、夢中になるメンバーです。

       

       

      ちゅべたいシャリシャリ

      雪の固まり具合が丁度良い感じ?

      皆様のポチっとひと押しお待ちしています

       

       

      | - | 09:30 | comments(0) | - |
      またですか
      0

        あれれ?

         

        「大家さん〜また、ダウリー君がホームに入って来ましたわ」

         

        本当ですね、また、そちらに行っちゃいましたね。

        保父さんになりたいのかも知れませんね。


        ガーンネコ 違います!

         

        出られません・・・

        「僕、どうやって入ったんだっけ」アセアセ

         

        「どこから、来たんだっけ」Docomo108

         

        ・・・

         

        「カブ先生・・・僕、帰れなくなりました」

         

        「お父様、どうしますか」

         

        「僕が、側に居ることにしました」

         

        そうですね〜ビビリなダウリー君だから、心細いかも知れません。

        坊やが、そこで見ていてあげてください。

         

        でも、ブロックの上に座っちゃって・・・

        ちょっと、偉そうだね(笑)

         

         

        お父様大好き

        皆様のポチっとひと押しお待ちしています

        いつもありがとう

        | - | 00:39 | comments(0) | - |
        おはよう
        0

          普段よりも寝坊をした大家。

           

          皆の部屋を覗いてみると、まだ、就寝中・・・

           

          一番手前に住んでいるセーラちゃん

          気が付きました。

           

          おはようございます。

           

          今年で10歳になる彼女はメンデル君の曾祖母。

          ベビーフェイスなお婆ちゃんです。

           

          まだ、外は寒いから、もう少し待ってから遊びましょう。

           

          ハート

           

           

          いくつになっても、可愛い物は良いですね。

          肉球のチョコレート、どんな味がするのかしら〜と

          思いながらも、飾ってあります。

           

          裏側に貼られた賞味期限もそろそろ・・・

          夏ではないので、飾り物にしておくのも良いのですが

          何しろ、チョコレート好きなもので。

          ある意味、期限日を待っている(笑)

           

          ハート

           

          一足先に外へ出た坊やは。

           

           

          朝から、氷の試食会。

           

           

          頭にツーンとなりそうです

          皆様のポチっとひと押しお待ちしています

          いつもありがとう

          | - | 09:05 | comments(0) | - |
          続く雪遊び
          0

            今朝も寒い青梅市ですが

            水道が凍りついたあの日々に比べたら

            春めいてきたのか、近所の紅梅が花を咲かせていました。

             

            早くカメラを持って散歩に行きたいです。

             

            早起きな住犬さん達ですが

            外遊びの前には、部屋の暖房を切って

            体を慣れさせ、飲み水もちょっと温めて・・・

             

            でも、そんな私の優しい?気持ちは、全くお構いなし。

             

            こんなことして、遊んでます。

             

            メンデル坊やが、お父様のオモチャを見つけて来ました。

            「今、おとどけします!」

             

            「お父様〜もう少しです!」

             

            「どうぞ!」

             

            嬉しそうな父を満足そうに見つめる息子。

             

            ちゃんと、通じるものがあるんですね〜。

             

            しばらく眺めていたら・・・

            オモチャをその場に置き、さっと立ち去るお父様。

             

            「もらっても良いのですか〜お父様〜」

             

            いいなぁ〜〜〜

            朝から癒されまくりの大家です。

             

             

            坊やは賢いね〜大家より

            皆様のポチっとひと押しお待ちしています

            いつもありがとう

            | - | 08:56 | comments(0) | - |
            膝カックン
            0

              以前、ブログに書いた「メンデル坊やの膝カックン」

               

              皆さんのお宅にもピョンピョン丸〜居ませんか。

              常に、跳ねてます。

               

              私の後ろを跳ねながらついて来ます。

              丁度、坊やが飛びつくと前足が私の後ろ膝へ当り

              「膝カックン」しながら、歩き進む私。

               

              本当にカックンカックンしながら

              情けなく前進する私。

               

              これ、ほぼ毎日なんですよ。

               

              動画に撮れないのが残念と思っていたのですが

              上野動物園のパンダ担当の方が撮影した

              パンダ史上、最も美しい「膝カックン」として

              アップされていました。

               

               

              や〜同じだわ!

              (笑)

               

              でも、母親のシンシンはシャンシャンの「膝カックン」を

              全く気にする様子なし。

               

              寛大だな〜母の鏡だな。

               

              メンデル坊やの「膝カックン」に、一々振り向き

              「もぉ〜なにやってんのよ!」と、マジに怒る私は

              ・・・器が小さすぎますね。

              ガーンネコ

               

              僕は、楽しそうなことはやってみる

              また、ワカランチンと言われるかもしれないけれど

              後、100回はやってみようと思います。

              ハート

              「何て賢いメンデル坊や」そんな大家さんの声が

              きっと聞ける、そんな気がするからです。

               

               

              皆様のポチっとひと押しお待ちしています

              いつもありがとう

              | - | 20:04 | comments(0) | - |
              雪かき頑張った
              0

                昨日の雪は、軽くて前回よりも楽でした。

                裏に暖か加工がしてあるゴム手袋も買っておいたしね。

                でも、もう雪は結構です。

                 

                昨日は、一度も外に出られなかった坊や

                今朝の起床は早かった・・・

                 

                明け方、畳をガリガリする音に気が付き

                布団に潜ったまま、ちょっとハウスの方に目をやると

                坊やが、手を伸ばして何かを引き寄せようとしていました。

                 

                起き上がって確かめると

                それは、大好きなオモチャ。

                 

                ハウスの外に出てしまったようです。

                 

                そんなこんなで、私も早起きに付き合わされました。

                 

                 

                カエルといっしょにダッシュ。

                 

                雪山に投げると、お父様が探しに行きました。

                 

                無精者の寒がりが、珍しいなと思っていたら。

                 

                 

                選手交代〜やっぱりね。

                 

                 

                坊や「お父様、僕にお任せを」と、ばかりに駆け上がる。

                 

                 

                ササッと咥え。

                 

                 

                軽い身のこなし。

                 

                何度、洗濯しても、ちっとも奇麗にならないカエル。

                真っ白な雪の中で見たら・・・ばばっち!


                でも、坊やにとっては、大切な宝物。

                汚れているれど、捨てるわけにはいかないんです。

                 

                 

                投げられ齧られ時には放置され

                それでも頑張るカエルです

                皆様のポチっとひと押しお待ちしています

                いつもありがとう

                | - | 12:11 | comments(0) | - |
                まだ降り続く
                0

                  夜から降り始めた雪は、今もや止むことなく積もっています。

                   

                   

                  前回よりも気温が高い為か柔らかく

                  綿飴のようです。

                   

                  明け方、夢を見ました。

                  雪が積もるだろうの予報が気になっていたのでしょう。

                   

                  「大きなチワワの雪ダルマを作ろう」

                  夢の中でどうしたら上手に仕上がるのかと試行錯誤。

                   

                  耳はこうして、目はこうして・・・

                  しかし、どうしてもスムースチワワになってしまう。

                   

                  そこで、ふと、思いついた。

                   

                  「そうだ、置物のチワワと同じように

                  作れば良いのだ」

                   

                  双子チワワ。

                   

                  削る道具は・・・これと、あれ。

                  「よっしゃ!」と自信たっぷりで目が覚めたのですが

                  ・・・

                  そんな元気はなく、ストーブを背中に

                  ひざ掛けにくるまっています。

                   

                   

                  鉢植えを軒下に避難させるのを忘れてしまった

                  早く止んでほしい

                  | - | 08:24 | comments(0) | - |
                  お部屋に戻ろうか
                  0

                    今夜から、再び雪の予報。

                    明朝の様子が、今から気になります。

                     

                    ・・・遊び場の雪かき、重労働なんですもん!

                     

                    雪の残る日陰、大きな松の木の下に落ちていた松ぼっくり。

                    細く閉じた姿が愛らしく、拾って来たのですが

                    3日で開き始め、かごの中が満員になりました。

                     

                     

                     

                     

                    皆さん、おはようございます。

                     

                     

                    オセロ婆ちゃんも雪遊びがしたいらしいです。

                     

                     

                    寄ってたかっ大歓迎。

                    オセロちゃんの行く所、ぞろぞろと付いて回っていました。

                     

                    雪には興味ないご様子。

                     

                     

                    曇り空。

                    いつまで待っても太陽は出ませんから・・・

                    寒いし、そろそろお部屋に戻りましょう。

                     

                    まだ、遊び足りない?

                     

                    「穴が空いてるね、何か美味しい物が有るかも知れないよ

                    潜ってみたら!?」

                     

                    「えっ!美味しい物ですか?」

                     

                     

                    おぉぉ〜い、止めなさいよ!!

                    (笑)

                     

                    まったく、何を考えているのやら。

                     

                    「お洋服の人は、雪の方へ行ってはいけません」

                     

                     

                    そうだよね

                    お洋服が濡れてしまうものね

                    いつも賢いルナおばちゃんでした

                    | - | 11:39 | comments(0) | - |
                    一月も最終日
                    0

                      つい先日、皆さんに新年のご挨拶をしたばかり

                      そんな気分で過ごした一月も、もう最終日。

                      月日の流れの早さを感じます。

                       

                      しかし、雪の積もったままの「ちわわ荘」

                      溶けることもなく、ここだけ時間が止まったような風景です。

                       

                       

                      それでも、毎日元気に遊ぶ面々。

                       

                       

                      固まった雪の上を走り回るメンデル坊や。

                       

                       

                      雪国の犬・・・

                       

                      そんな様子を台所から眺めるシャガレ猫。

                       


                      「何が楽しいのやら、オイラは絶対にヤダね

                      雪なんて、大嫌いだもん」

                       

                      犬と猫の違いが現れた本日の写真でした。

                       

                      奥の遊び場でも。

                       

                      まるで、北キツネの群れ。

                       

                      坊やも皆と合流し、益々嬉しそう。

                      何故?わざわざ、雪の上に登るのか・・・

                       

                      そこに、雪があるからだ。

                       

                      何故、雪を食べるのか・・・

                       


                      シャリシャリして、おいしいからだよん。

                       

                      楽しいことを探すのが得意な住犬さん達でした。

                       

                       

                      春よ来い早く来い

                      皆様のポチっとひと押しお待ちしています

                      いつもありがとう

                      | - | 09:53 | comments(0) | - |
                      << | 2/321PAGES | >>